アーカイブARCHIVE

トップページ > 2011年11月

語源から見る「筋肉」と「ネズミ」の関係性

  • カテゴリー : ブログ
  • 2011年11月23日
語源から見る筋肉(muscle)とネズミ(mouse)の関係性

天気予報には雪マークが並び、ついに路面もツルツル。
秋から冬になりましたね。
「読書の秋」ともいわれますが、私自身は 毎月 本を数冊購入し、時々拾い読みしている状態です。物語性のあるものではないので 気楽にちょこちょこ読めるものばかりなのですが、早く、読み終えなければ・・・。
冬は自転車通勤から地下鉄通勤となり、読書時間の増えた方もおられるのではないでしょうか。

そこで、今回ご紹介するのは 『肉単(ニクタン)~語源から覚える解剖学英単語集~[筋肉編]』(監修:河合 良訓 / 本文・イラスト 原島 広司 / 発行:株式会社 NTS 2004年9月初版発行)
この本では、全身の骨格筋の存在様式やはたらきを イラストや表を使ってわかりやすく表現しているとともに、日本語・英語・ラテン語・ギリシャ語の名称とふりがな表記とがあり、さらに言葉に秘められた意味をも教えてもらえます。
他に「骨単」「神経単」「生薬単」というシリーズも出版されておりますが、いずれも そのものの仕組みや語源にどんどん興味をひかれます。

そもそも、ヨーロッパの言語はギリシャ語やラテン語から派生したもの。
「筋肉」はギリシャ語で「μύςミュース」=「ネズミ」という意味とのこと。
ラテン語では「musculusムスクルス」=「小ネズミ」、英語では「muscleマッスル」、ドイツ語「Muskelムスクル」、フランス語「muscleミュスクル」・・・というように、その他 各国の「筋肉」が紹介されています。
なぜネズミかという理由には幾つかの説があり、①筋肉の動き(例えば、上腕二頭筋が屈伸する時に力こぶが動くさま)が皮膚の下に小ネズミが動いていることを連想させるというもの。②ネズミの、皮を丸はがしにした状態が、筋肉に似ている。
 日本語は中国語「肌肉」の漢字に由来していて、「筋」とは肉の中を通る、竹のように力のあるすじのことを示すそうです。
そういえば、中国の竹といえば本当に丈夫で、工事現場の足場にも使われているとか・・・。

ちなみに、太腿の付け根にある鼠蹊部(そけいぶ・鼡径部)とは「ネズミの通り道」となりますが、ウィキペディア(インターネット上の辞典)によると、これは男性が誕生する直前に 精巣が腹腔から陰嚢へと移動する際に通る経路で、精巣の移動がネズミの移動を連想させることに由来しているそうです。


またまた余談ですが、
我が家ではハツカネズミを二匹飼っております。
まんじゅうのようにまるく縮こまり、伸びると胴長のその体
小さな体に備わる筋肉の躍動や 器用に動く手足を見ていると、愛らしさや生命の神秘、力強さを感じさせられます。

いろいろな興味や発見が呼び起こされる『肉単』
おすすめの一冊です。


ますます親バカ 長浦 泰子

駐車場について

お車でお越しの患者様には、近くのコインパーキングを自己負担でご利用していただいております。

ただ当店ビル隣りの三井のリパーク様ご利用下さった方にはお車一台につき6000円以上のご利用で割引券をお渡ししております。

お会計金額

    1万円以上  600円分

   9000円以上  500円分

   6000円以上  400円分


*初回2時間コース、リラクゼーション2時間コースご利用の場合は患者様自己負担で駐車場をご利用していただいております。ご了承ください。

*三井のリパークが満車の場合は、ご不便をおかけしますが近隣のコインパーキングをご利用下さい。
→当店斜め向かいローズパーキング様、フードセンター様裏側 白石駅前駐車場様、東光ストア様横 地下鉄白石駅前パーキング様などがあります。

また三井のリパーク様は大変混みやすく、満車時が多いというお声も頂いております。
そのため6000円以上のお会計時に他のコインパーキング様をご利用された場合は、次回ご来店時三井のリパーク様のご利用が出来た際にまとめて駐車券をお渡ししております。
※駐車券には有効期限がありそのためまとめてのお渡しをさせていただいております。

温める~食~

  • カテゴリー : ブログ
  • 2011年11月10日
こんにちは。もう11月、来週は積雪という予報も…寒くなりましたね。
乾燥や身体が冷えてしまい、免役機能の低下や体温調節の機能が狂い、風邪などひきやすい時期です。
今回は体の中から温める、「食事」についてお話します。

身体を温めるのでお手軽大人気なのは「しょうが」ですよね。
この時期さまざまなしょうが製品が出ていますが、しょうがには血液の循環を良くし、また胃や腸に対する刺激で消化機能の促進、発汗や循環促進でデットックスの効果があります。
しょうがの香りや風味には「オレオレジン」という成分が含まれ、抗菌作用や抗酸化作用に効果のあるショウガオール・ジンゲロールが含まれてます。
これだけの効果があるなら、温める=しょうがっていってもよいですね。


しょうが以外にも色々な食材が身体をあたためてくれます。

↓ ↓ ↓
食材~かぼちゃ、さつまいも、にんじん、ごぼう、、玉ねぎ、リンゴ、ブドウ
いわゆる根菜、赤や黒の暖色の野菜や果物が体をあたためます。
水分を含んだ柔らかいものより硬い食材の方が体を冷やしませんよ。

 ×これは冷やす食材~ナス、トマト、ピーマン、あさり、とうふなど
   夏野菜や白い食材、水分の多い食材が特徴です。
しかしこれらは、体を冷やすが加熱調理で効果高まりますので上手にとってください。

  他に冷やすものとして、砂糖、合成甘味、スナック菓子、チョコレートには血液をドロドロにし、
血行が悪くなるといわれてます。

飲み物~紅茶、中国茶、ほうじ茶、赤ワインや日本酒
  発酵させた、色の濃いお茶には身体を温めてくれます。
アルコールはほかに比べると冷えにくいといった感じです。
    ×冷やす飲み物~コーヒー、緑茶、ビールにウィスキー
     コーヒーは南国の飲み物、緑茶は発酵させてないため、体を冷やします。
アルコールは基本飲んでるときは体温上昇、発汗で一時的には暖かくなりますが、
お酒が抜けてくると身体が冷えますので、飲みすぎ注意です。


何事も一つに頼るのは良くありませんが、冷え症の方は、身体を冷やす食材は控えめに、温めるものも効果的にとりいれた方がよいですね。

体を温める食材をとって芯から体もあたため、こころもほっこり(*^。^*)しましょう。
      …次回温めるのラストは、「住」をテーマにしてみます。  横江 莉沙

カテゴリー

最新の記事

 
 

よくある質問

 
 
 

求人情報